【2chまとめ】ワロスコレクター

(´・ω・`)「#なんJ #おんJ #VIP のスレが中心です。」

    比べた人から選んでる!すごいぞNURO光!


    医学・生理学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    atopy


    1: 名無しさん@おーぷん
    2016/08/01(月)20:46:21 ID:dAI
    消毒シャワーにKOされて帰ってきたンゴ…
    入場代500円がががが

    【ワイアトピー、20年ぶりにプールへ赴く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    aed_about


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/25(月)16:18:01 ID:nM8
    駅で倒れている人に AED(自動体外式除細動器)
    を使って応急処置をしようとしたら、
    看護師を名乗る別の人に「使うな」と止められた――。 
    ツイッターのこの投稿が話題となった。

    投稿者も看護師だというが、投稿者は
    使用を止められたことに「おかしい」と疑問を呈している。

    【看護師(?)「AED使うな!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    th_school


    1: 名無しさん@おーぷん
    2016/07/10(日)08:05:45 ID:g1J

     彡(゚)(゚)
     彡  ヽ
     彡: トェェェイ * <健康は歯からやで
    彡彡 \ェェェノ   優しく綺麗に磨いて、どうぞ
    /    \

    【彡(゚)(゚)「歯磨きしなきゃ(使命感)」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    basedoubyou


    1: 名無しさん@おーぷん
    2016/06/22(水)21:20:53 ID:463
    1 何もしなくても息切れ、階段を登ると10分ブッ倒れる

    2 飯を死ぬほど食っても日に日にあばらが浮いてきて
          周りが異様に心配をしだす

    3 病院の待合室で待てず嘔吐袋を握りしめベッドを借りる

    4 朝ベッドから起き上がれず意識朦朧の中おもらしをして無事起床
       以後ピクニックシートを敷く毎日

    5 出勤しようとするも車のハンドルを回すだけで疲労困憊

    6 目玉が出て顔つき人相が異様になる なぜか一重から二重になる

    7 検査で病院に通いすぎて看護婦さんと親しくなる

    8 高熱で病院に行くも帰りに食欲が異常にありすぎて
          フラフラになりながらもミスドで2000円相当のドーナツを購入

    9 しばらくしてバセドウ病と診断されショックよりも先に
        今までのこのしんどさの原因がわかりむしろ嬉しくなる

    投   職場にバセドウ病のことを伝えると優遇されみんな優しくなる




    異論は認める

    AKBのバセドウなった子ファイトやで

    【バセドウ病の苦行で打線組んだwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ちくわ部φ 
    2016/06/18(土) 20:26:41.61 9
    スペインのゲノム制御センターの研究チームはこのほど、緑茶に含まれる成分ダウン症の症状を改善
    する効果があるとの論文
    を発表した。

    ダウン症は21番染色体が1本多いことで発症する。染色体が多いため細胞内に発現する遺伝子
    生成されるタンパク質も多くなり、それがさまざまな障害の原因となる。

    「遺伝子の過剰発現を抑制する方法はない」と、同センターの研究者マラ・ディエルセン氏は言う。
    ディエルセン氏らは症状の大きな原因となっている遺伝子を突き止めるとともに、この遺伝子の活動を
    制御すればダウン症の認知症状を軽減できるのではと考えた。

    そこで目をつけたのが緑茶に含まれるEGCGという物質だ。研究チームは87人のダウン症患者に
    1年間にわたって認知能力の訓練をする一方で、半数にはEGCGを、残る半数には偽薬を与えた。
    するとEGCGを投与された人々は視覚記憶や計算能力が改善し、脳の画像診断でも神経細胞間の連携
    や言語に関する脳の部位の機能に改善
    がみられたという。

    ディエルセン氏は「ダウン症の薬物療法に道が開けた」と語る。

    緑茶やその抽出物の健康効果に対しては世界各地の研究者が注目している。スイス・バーゼル大学の
    シュテファン・ボルクバト教授は2014年、健康な被験者12人に緑茶抽出物を投与する実験を
    行ったところ、脳内のワーキングメモリーに関係のある部位の連携がよくなったという。

    もっとも、現時点で治療効果を期待するのは楽観的に過ぎるとボルクバト教授は言う。効果の範囲が
    不明であり、患者の症状も多岐にわたるため、「患者にとって完全に適切と言える薬」になるかどうか
    は分からないからだ。

    http://www.cnn.co.jp/fringe/35084446.html
    no title

    【【健康】緑茶成分、脳の機能向上に効果か。ダウン症治療への道も?】の続きを読む

    このページのトップヘ