【2chまとめ】ワロスコレクター

(´・ω・`)「#なんJ #おんJ #VIP のスレが中心です。」

    痛いニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    otaruu

    1: ゆず ★ 2016/05/03(火) 14:35:46.25 9
    【小樽】大勢の観光客でにぎわう小樽市中心部の堺町通りに面した、市指定歴史的建造物の名物喫茶店「さかい家(や)」が、経営者の高齢化のため10月に閉店する。
    さかい家は、同通りが観光地化する前から店舗を構えてきた人気店。
    経営者は「今の店の雰囲気を残してくれる人に店を継いでほしい」と話す。

    堺町通りは倉庫や町工場が立ち並ぶエリアだったが、1976年に北一硝子がギャラリーを開設し、85年10月にさかい家が開店してから、一気に観光スポットへと変わっていった。

    経営者の赤沢広子さん(68)、妙子さん(65)姉妹は「当時は倉庫ばかりで堺町通りに店を出すことに周囲は反対したけど、運河論争で運河エリアに注目が集まっていたので、商機はあると感じた」と振り返る。

    店は、1907年(明治40年)建造の古い木造建築を利用しているため、レトロな雰囲気を求める観光客ですぐに繁盛した。
    近年は、外国人観光客も多い。

    しかし、2人は「体力的にしんどくなった」と、店を他者に譲ることを決断。
    2人は「店名からメニューから、何でも、今のものを使ってもいいので、いい後継者がほしい」と話す。

    建物オーナーで堺町の奥野淑枝さん(80)は
    「前オーナーと親友だった私の母が、気に入って買い取った建物。2人が頑張っていい店にしてくれたので、同じ形で店が続いてくれたら、うれしい」と願っている。(志村直)

    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0266106.html
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/images/2016/05/03/M16050329662/d37caf2bc5d0a6bb5dc2914f30ebdba3.jpg

    【オーナー二人「体力的にしんどくなった・・・後継者欲しい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ネックハンギングツリー 2016/05/12(木) 00:21:57.51 ID:TEy/LJbo0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    竹内美保@sakeuchi317
    昨日の「わたしの自由について」の上映後のトークで観客の質問を受ける時間があったのだけれど。
    手を挙げた男性が「上から目線で悪いけれど」という前置きをして、登壇者のSEALDsメンバーに「ちゃんと就職して、結婚して子供を産まないと」などという発言を。
    https://twitter.com/sakeuchi317/status/730262630259007489

    Honami@rock_west_
    うざ。きも。他人の人生に口出してくるのなんなんだろ。そして子供産めと他人に言われる筋合いもねーわ。
    https://twitter.com/rock_west_/status/730273385394003968

    ken@bakenekodotcom
    質疑応答という名のハラスメントだな。
    https://twitter.com/bakenekodotcom/status/730263282364256260

    ゆいぽよ@yuihash
    上映中寝てたのか、アホすぎて内容が理解できなかったのか、
    https://twitter.com/yuihash/status/730271937625104384

    【【悲報】SEALDs、一般人に「ちゃんと就職して、結婚して子供を産まないと」と言われ発狂 wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    chair


    1: 名無しさん@ログイン中 2013/02/22(金) 00:44:25.52 ID:D3x648Qu BE:4211409986-2BP(0)

    【【恐怖】怖 す ぎ ワ ロ タ w w w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    inupathy

    1: 筑前犬太郎  2016/05/06(金) 02:31:32.39 ID:CAP_USER
     犬の心拍数の変動を把握し、その気持ちの状態に応じた色に変化するウエアラブルデバイス(装着型機器)を、東京のITベンチャーが開発した。「INUPATHY(イヌパシー)」と名付けられ、例えば虹色に輝くと「うれしい」状態だ。現在クラウンドファンディングで資金調達に乗り出し、犬と人の絆(きずな)を深めるとして注目されている。

    心拍変動が「気持ち」を映す

     開発したベンチャー社長の山口譲二さんによると、イヌパシーは、愛犬の胴体に装着したセンサーが心拍の変動を取得。鼓動の早い遅いに加えリズムのわずかな変化も逃さずにとらえる。

     山口さんは、その心拍変動と犬の気持ちがどのように密接に連関しているかさまざまなパターンを研究。変動の特徴から「喜び」「興奮」「ストレス」「集中」などを知ることができるようにした。

     具体的には、心拍変動によって犬の背中のLEDランプの色がリアルタイムに変化する。興奮は赤、リラックスは青、うれしいときはレインボー、遊びなどに集中しているときは点滅、という具合で、言葉が通じなくてもペットの気持ちを“翻訳”して教えてくれるわけだ。

    愛犬の特徴を発見

     もっとも山口さんは「愛犬の知らない一面を発見する手立てにもなる」と強調する。あるとき、イヌパシーを装着した自分の愛犬が地震に遭遇し、LEDランプが真っ赤になったことがあった。山口さんがなでるなどしていてなだめようとしていところ、ランプはやがて青に変化した。

     「自分の愛犬の場合は興奮を落ち着かせるには体に触ってやる方がいいことに気づいた。犬の性格は千差万別で、どういう接し方がいいか教科書通りにはいかない。イヌパシーの力を借り『発見』ができるようになる」と語った。

    将来、家畜用ウエアラブルも視野

     山口さんによると、同種製品の例はなく世界初という。クラウドファンディングサイトのIndiegogo(インディゴーゴー)で5月上旬まで、3万ドルの資金調達を目指している。価格は1台169ドル。初出荷の目標は年末だ。

     将来的には、機器で取得された心拍変動のデータを長期的な視点で分析し、健康管理に役立てる計画もあたためている。

     山口さんは動物行動学を専攻した経緯もあり、「今回の技術を応用し、今後は猫や他の家畜用の同種のウエアラブルデバイスも開発していく」としている。

    http://www.sankei.com/smp/premium/news/160505/prm1605050015-s1.html

    【【科学】犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブルデバイス。その名も「イヌパシー」wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    north-k


    1: 北も南も糞だらけ 2016/05/03(火) 10:42:33.60 ID:G+61k6T4
    デイリーNKジャパン 2016年5月3日 8時44分配信

    36年ぶりの朝鮮労働党第7回大会を控えて、北朝鮮では「70日戦闘」
    という大増産運動
    が展開されている。大きな成果を出してから、労
    働党大会を成功させようという北朝鮮恒例の筋書きだ。また、こう
    いう運動を通じて、住民を統制する狙いもある。党大会のみならず
    北朝鮮のイベントは住民にとっても負担が大きく不満が出やすいか
    らだ。
    北朝鮮庶民からすれば、面倒きわまりない。普段の生活も苦しいな
    か、大会のための運動や奉仕活動に時間を奪われ、市場で商売する
    時間が減るからだ。
    こうした事情は、庶民だけでなく、企業所といわれる会社も同じだ

    正月から「人糞集め」

    北朝鮮の労働新聞は今月20日「南興肥料工場(青年化学連合企業所
    )が、『70日戦闘』が始まって以降、1日平均640トンの肥料を生産
    し、目標を440トンも上回った」と伝えた。毎日の稼働なら23万300
    0トンになる。
    しかし、なぜか北朝鮮当局は、各貿易会社に中国からの肥料輸入の
    ノルマを課しながら肥料の確保に乗り出した。つまり、北朝鮮で1
    年間に必要な150万トンの肥料が確保できていないことを示してい
    る。
    また、平安南道のデイリーNK内部情報筋によると、北朝鮮の貿易省
    は最近、すべての貿易会社に対して、今年の農業に必要な資材と肥
    料を、「70日戦闘」の期間中に輸入することを命じた。
    同省は、具体的な要求量を提示する代わりに、輸入量ランキングを
    発表し、競争を煽っている。ランキングで下位の貿易会社には「貿
    易許可証を更新しない」と暗に脅しをかけているのだ。
    突然の命令とあまりにも厳しい納期。各貿易会社は大騒ぎだ。担当
    者は、急遽中国に向かい、貿易業者に「肥料を確保してくれ」と頼
    み込む、または中国に親戚がいる人を通じて取り寄せたりしている
    中国は世界一の肥料生産能力を誇る。とはいえ、これほど急な要求
    には対応しきれない。そのせいか、北朝鮮の貿易会社がかき集めた
    人糞の中には、質の低いものも混じっており、受け取った農場員か
    らは「こんなものは使えない」と不満の声が続出している。
    韓国統計庁の統計によると、北朝鮮の肥料製造能力は年間224万900
    0トンで、年間の国内需要を満たしてもなお余りあるほどだが、201
    4年の実際の生産量は50万1000トンに過ぎない。電力や原料の不足
    で、肥料工場がフル稼働できないからだ。
    それを裏付けるように、近年減少傾向にあった中国からの肥料輸入
    量が今年に入って急増している。米政府系のボイス・オブ・アメリ
    カ(VOA)によると、北朝鮮は今年2月、中国から肥料を7万9000ト
    ンも輸入した。これは昨年同月比の84倍に達し、2015年の輸入総量
    7万1000トンをわずか1ヶ月で超えた計算になる。
    情報筋によると、肥料のみならず、稲やトウモロコシの苗床を覆う
    ビニール幕も大量に不足しており、金正恩体制の無計画ぶりが、北
    朝鮮の穀物生産に暗い影を落としている。
    企業体が肥料集めに奔走する一方で、北朝鮮の住民たちは、年初に
    「堆肥戦闘」と称される「人糞集め」のノルマを課せられる。住民
    たちは、ノルマを達成するため、新年早々人糞を求めてさまよい歩
    かなければならない。
    さらに、苦労して集めた人糞を盗もうとする「人糞泥棒」から守る
    ため、酷寒の中で24時間警備しなければならない。
    金正恩第1書記は、朝鮮労働党第7回大会を通じて、自らの権威を高
    めようとしているが、そのしわ寄せは企業だけでなく、庶民にも及
    んでいるのだ。

    【【北朝鮮】「堆肥戦闘」と称される「人糞集め」のノルマwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ