akahi


1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★ 2016/04/29(金) 07:31:08.42 9.net
 朝日新聞社で論説主幹や主筆を歴任したジャーナリストの若宮啓文(わかみ
や・よしぶみ)さんが28日、訪問先の北京市内のホテルで亡くなっているのが
見つかった。68歳だった。シニアフェローを務めている公益財団法人・日本国際
交流センターから家族に連絡があった。現地の警察当局によると、外傷はなく、
病死とみられる。
北京で28、29両日に開かれる日中韓3カ国のシンポジウム
に出席するため滞在していた。
 27日、ソウルから北京入り。同センターのスタッフと北京で合流したが、同日
夜から体の不調を訴えていたという。28日昼過ぎ、電話をしても応答がないことを
不審に思ったスタッフがホテルの従業員と部屋を確認したところ、浴室で倒れて
いた。
 1970年に朝日新聞に入社。長野支局時代に、部落差別の現状を伝える連
載キャンペーンを展開。加筆して著書
「ルポ現代の被差別部落」を刊行した。
 75年に配属された政治部では、宮沢喜一氏らの宏池会などを担当した。
 2002年に論説主幹に就くと、「闘う社説」を掲げる一方、国際社会の中で
日本がとるべき針路を改めて問うた。07年の憲法記念日に21本の社説を
一挙に掲載した「提言・日本の新戦略――社説21」を主導。憲法9条は堅持し
つつも、新しい平和安全保障基本法で自衛隊の役割を位置づけるべきだ

主張した。
 小泉純一郎首相の靖国神社参拝では、読売新聞の渡辺恒雄主筆と雑誌
「論座」で対談。両紙を代表する2人が足並みをそろえて
「参拝反対」を訴えた。
 12年3月には、大統領復帰直前のロシアのプーチン首相と海外主要紙幹部
とともに会見。日ロ間の北方領土問題について、プーチン氏から「引き分け」で解決
しようとの発言を引き出した。
 朝日新聞退社後も追い続けたのは、日本の保守政治の「アジア観」だった。
 日韓国交正常化50年の昨年、旧著に加筆して「戦後70年 保守のアジア観」
を出版。昨年度の石橋湛山賞を受賞した。日中韓を中心とする国際交流に尽く
し、韓国の大手紙・東亜日報にもコラムを書いていた。asahi.com
http://www.asahi.com/articles/ASJ4X6CTHJ4XUHBI022.html

【【訃報】無能なサヨク工作員を中国が粛清か?朝日新聞・元若宮啓文主筆が北京で不審死】の続きを読む