【2chまとめ】ワロスコレクター

(´・ω・`)「#なんJ #おんJ #VIP のスレが中心です。」

    比べた人から選んでる!すごいぞNURO光!


    社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    法務省


    1: Charlotte 2016/02/14(日) 14:18:54.55 *
    法務省がヘイトスピーチ動画を削除要請、実行 初のケース

    2016.2.14 05:30

     在日朝鮮人に対する差別的言動などのヘイトスピーチ(憎悪表現)の動画がインターネット上で公開されているのは人権侵害に当たるとして、法務省が複数のサイト管理者に削除を要請し、一部が応じていたことが13日、関係者への取材で分かった。 

    ヘイトスピーチによる人権侵害を抑止するための法務省の措置が、削除につながった初のケース。

     法務省は昨年12月「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の元代表にヘイトスピーチをしないよう勧告するなど、抑止の取り組みを強めている。
    今回は被害者側の申し立てに基づく要請で、勧告と同様に強制力はない。しかし、削除要請の具体的基準は示されておらず、行き過ぎた対応が表現の自由の制限につながらないよう、慎重な対応を求める声もある。

     問題となった動画は平成21年11月、東京都小平市の朝鮮大学校前で在特会メンバーが「朝鮮人を日本からたたき出せ」と大声を出している内容など。

    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/160214/afr1602140006-s.html

    【【ヘイトスピーチ】法務省「ヘイトスピーチ動画はどんどん削除要請していくわ」 ネトウヨ、怒りの在日認定へwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FAX


    1: FinalFinanceφ ★ 2016/04/03(日) 11:21:52.48 *.net
    “まだFAX、CD、ガラケー!?” ITに保守的と海外が驚き…日本企業衰退の理由との指摘も 


    日本を訪れた外国人が驚くことの一つに、「ハイテク」なイメージとは裏腹に、 実際には紙の新聞やCDが根強く生き残っているというローテクぶりがある。 
    英BBCが 「世界初の非接触型ICカードや新幹線、ソニー・ウォークマンを世界に先駆けて開発した国」 が、いまだに「FAXやカセットテープを使っているのはなぜか?」と特集するなど、海外メディアはしばしばこの話題を取り上げている。 

    BBCは、今の日本が悩まされている生産性の低さは、新技術の導入に関して非常に保守的な日本企業の悪癖によるものだという意見も取り上げている。 
    慣れ親しんだ古い技術にこだわる高齢者が多いという、少子高齢化の影響も大きいという見方もある。 しぶとく生き残る日本の「ローテク」の存在は、現代日本の負の側面の写し鏡なのだろうか? 

    ◆データの「手渡し」を上司が推奨 
    テクノロジー関連情報サイト『TECH IN ASIA』は、「日本の超時代遅れな5つのもの」に、 「CD」「新聞」「FAX」「DVDレンタル」「フィーチャーフォン(ガラケー)」を挙げている。 

    同サイトは、 「日本は、ロボット、ロボトイレ(ウォッシュレット)、気違いじみて速い電車、 ダンシング・ロボットであふれた国だと思われている。 しかし、実際ははるかに複雑だ。高齢化と腰の重い公共機関のために、この国には技術的な進化がかなり遅れている面もあるのだ」 
    と記す。 

    筆者の同サイト編集長、スティーブン・ミルウォード氏は、 10年近く前に1台目のiPodを買って以来、CDを1枚も買っていないという。 欧米先進国ではそれが当たり前なのだが、 日本は世界第2位の音楽市場であるにもかかわらず、 
    音楽セールスの85%がCDで、「発展途上国並み」だと同氏は書く。 

    DVDについては、 「データ容量が大きいことなどにより、アメリカでも音楽ほどには ダウンロード販売ストリーミング配信が普及していない」 と断りつつ、アメリカではとっくに衰退したDVDレンタルが、 日本では今もしっかり生き残っていることを特筆している。 

    特にFAXが今もオフィスで現役であることは、多くの外国人ビジネスマンを驚かせているようだ。 『TECH IN ASIA』によれば、一人あたりのFAXの使用量は日本が世界最大だ。 BBCは、日本企業の99.7%を、新技術の導入に保守的になりがちな中小企業が占めていることをその理由に挙げる。 

    同時に、大手企業でもグローバル企業に比べて“IT保守”の傾向は強いとしている。 日本のある有名ハイテク企業の外国人従業員は、匿名を条件にBBCに 「データをディスクに焼いて『郵送』したり、データ提出を『手渡し』で行うことを上司が推奨している」 「ソフトウェアのアップデートやBasecampDropboxのようなツールの導入も上層部によって拒否される」 
    などと内情を暴露している。 

    ◆高齢化や「手書き文化」も要因? 
    これらのローテクが生き残っている理由を、我々日本人自身は、はっきりと答えることができるだろうか? 『TECH IN ASIA』は、CDが優勢を保っている理由を「明確には特定できない」と書く。 
    しかし、世界的な大型CD店『タワー・レコード』が、世界ではほとんど撤退しているにもかかわらず、 日本では変わらず全国展開しているのは紛れも無い事実だ。 
    同サイトは、日本の官僚主義と政府により、 「音楽産業の周辺に保護主義的な力学」が働いているという識者の指摘を取り上げているが、 この見方もやや具体性に欠ける。
    FAXについては、メーカーのシャープが 「FAXの利用はパソコンとスマートフォンの普及で落ちましたが、 新しい技術に親しみのない60歳以上の人々は、FAXを好んで使っています」 と答えている。 
    中小企業の感覚も、こうした高齢者に近いと指摘するのは、ITコンサルタント会社『インターアローズ』の男澤洋二社長だ。 
    同氏はBBCに 「彼らはたいてい郵便とFAXを通信手段に使う。時には手書きのFAXを受け取ることすらある。 
    つまり、そうした企業はWordのようなワープロソフトすら使っていないのです」 とコメントしている。 

    全文はソースで 
    http://newsphere.jp/national/20160403-1/


    【【IT技術】「うわっ、日本人まだFAX使ってるよすげぇ!」・・日本に来た外国人びっくり「まだCDで音楽聴いてるのかよ!10年ぶりに見たよwww」 〜2〜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FAX


    1: FinalFinanceφ ★ 2016/04/03(日) 11:21:52.48 *.net
    “まだFAX、CD、ガラケー!?” ITに保守的と海外が驚き…日本企業衰退の理由との指摘も


    日本を訪れた外国人が驚くことの一つに、「ハイテク」なイメージとは裏腹に、 実際には紙の新聞やCDが根強く生き残っているというローテクぶりがある。
    英BBCが 「世界初の非接触型ICカードや新幹線、ソニー・ウォークマンを世界に先駆けて開発した国」 が、いまだに「FAXやカセットテープを使っているのはなぜか?」と特集するなど、海外メディアはしばしばこの話題を取り上げている。

    BBCは、今の日本が悩まされている生産性の低さは、新技術の導入に関して非常に保守的な日本企業の悪癖によるものだという意見も取り上げている。
    慣れ親しんだ古い技術にこだわる高齢者が多いという、少子高齢化の影響も大きいという見方もある。 しぶとく生き残る日本の「ローテク」の存在は、現代日本の負の側面の写し鏡なのだろうか?

    ◆データの「手渡し」を上司が推奨
    テクノロジー関連情報サイト『TECH IN ASIA』は、「日本の超時代遅れな5つのもの」に、 「CD」「新聞」「FAX」「DVDレンタル」「フィーチャーフォン(ガラケー)」を挙げている。

    同サイトは、 「日本は、ロボット、ロボトイレ(ウォッシュレット)、気違いじみて速い電車、 ダンシング・ロボットであふれた国だと思われている。 しかし、実際ははるかに複雑だ。高齢化と腰の重い公共機関のために、この国には技術的な進化がかなり遅れている面もあるのだ」 
    と記す。

    筆者の同サイト編集長、スティーブン・ミルウォード氏は、 10年近く前に1台目のiPodを買って以来、CDを1枚も買っていないという。 欧米先進国ではそれが当たり前なのだが、 日本は世界第2位の音楽市場であるにもかかわらず、
    音楽セールスの85%がCDで、「発展途上国並み」だと同氏は書く。

    DVDについては、 「データ容量が大きいことなどにより、アメリカでも音楽ほどには ダウンロード販売ストリーミング配信が普及していない」 と断りつつ、アメリカではとっくに衰退したDVDレンタルが、 日本では今もしっかり生き残っていることを特筆している。

    特にFAXが今もオフィスで現役であることは、多くの外国人ビジネスマンを驚かせているようだ。 『TECH IN ASIA』によれば、一人あたりのFAXの使用量は日本が世界最大だ。 BBCは、日本企業の99.7%を、新技術の導入に保守的になりがちな中小企業が占めていることをその理由に挙げる。

    同時に、大手企業でもグローバル企業に比べて“IT保守”の傾向は強いとしている。 日本のある有名ハイテク企業の外国人従業員は、匿名を条件にBBCに 「データをディスクに焼いて『郵送』したり、データ提出を『手渡し』で行うことを上司が推奨している」 「ソフトウェアのアップデートやBasecampDropboxのようなツールの導入も上層部によって拒否される」
    などと内情を暴露している。

    ◆高齢化や「手書き文化」も要因?
    これらのローテクが生き残っている理由を、我々日本人自身は、はっきりと答えることができるだろうか? 『TECH IN ASIA』は、CDが優勢を保っている理由を「明確には特定できない」と書く。
    しかし、世界的な大型CD店『タワー・レコード』が、世界ではほとんど撤退しているにもかかわらず、 日本では変わらず全国展開しているのは紛れも無い事実だ。 
    同サイトは、日本の官僚主義と政府により、 「音楽産業の周辺に保護主義的な力学」が働いているという識者の指摘を取り上げているが、 この見方もやや具体性に欠ける。
    FAXについては、メーカーのシャープが 「FAXの利用はパソコンとスマートフォンの普及で落ちましたが、 新しい技術に親しみのない60歳以上の人々は、FAXを好んで使っています」 と答えている。
    中小企業の感覚も、こうした高齢者に近いと指摘するのは、ITコンサルタント会社『インターアローズ』の男澤洋二社長だ。
    同氏はBBCに 「彼らはたいてい郵便とFAXを通信手段に使う。時には手書きのFAXを受け取ることすらある。
    つまり、そうした企業はWordのようなワープロソフトすら使っていないのです」 とコメントしている。

    全文はソースで
    http://newsphere.jp/national/20160403-1/

    【【IT技術】「うわっ、日本人まだFAX使ってるよすげぇ!」・・日本に来た外国人びっくり「まだCDで音楽聴いてるのかよ!10年ぶりに見たよwww」 〜1〜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    matsumoto


    1: 名無しさん 2016/04/24(日) 14:59:11.27 .net
    24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、
    堀江氏と尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(69)が、
    熊本地震によるテレビ放送の自粛に関する意見の相違を取り上げた。

    既報の通り堀江氏は
    「熊本の地震への支援は粛々とすべきだが、
    バラエティ番組の放送延期は全く関係無い馬鹿げた行為」
    と主張している。

    これに対し松本は
    「僕は堀江さんはいつもそんなに間違った事は言ってないと思うけど」
    と堀江に一定の支持を見せつつ、
    「この人の言葉にはいつも心がないんでね。
    それでいつもちょっと釈然としない」とし、共感できないと語った。

    パネラーの歌手で俳優の武田鉄矢(67)も堀江の発言について
    「数式として正しいんだけど、計算式を見せられている気持ちになる。発言自体が、身も蓋もない言い方をする。 人間には気持ちというものがある。」

    【【芸能】松本人志がホリエモンを批判「この人には心がない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tabako


    1: 名無しは20歳になってから 2016/04/15(金) 23:28:47.42 ID:OJWQa/zn.net
    電車乗ってた時の近くに乗車してきた10代くらいの男の会話
    A「なんか煙草臭くね?www」
    B「思ったwww」
    A「誰だよww」

    自分と目があう

    そのあとAがタバコの害悪と喫煙者の害悪について語る
    Bひたすら賛同

    パシャッ B「おまwwww」

    てな事があった。まじで死んでほしい。 
    あああさっきからネットで晒されてないか心配で繰り返し調べてしまう。

    【【煙草】嫌煙家「あいつ煙草くっせーwww 写真撮ってやろうぜwww」】の続きを読む

    このページのトップヘ