【2chまとめ】ワロスコレクター

(´・ω・`)「#なんJ #おんJ #VIP のスレが中心です。」

    比べた人から選んでる!すごいぞNURO光!


    社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kent


    1 タイガードライバー(北海道)
    2016/05/21(土) 13:52:53.45 ID:4H1+wdKL0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    舛添都知事へのアドバイス(No English Available)
    テーマ:言いたい放題

    舛添さん、政治資金規正法に詳しい「第三者の弁護士」
    自腹で雇って「厳しい目で調査してもらう」よりも、 
    弁護士に渡す予定の全ての書類を「東京地検特捜部」
    に持ち込んで、「厳しい目で調査して下さい」ってお願いすれば、
    弁護士費用と時間と、両方の無駄を節約できますよ!

    http://ameblo.jp/workingkent/entry-12162372852.html

    【【彡 ⌒ ミ】K・ギルバート氏「舛添さん!弁護士雇うより、書類を検察に持ち込めば時間も費用も節約できますよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード  2016/05/18(水) 17:59:59.86 ID:CAP_USER9
    漫画家で評論家の小林よしのり氏(62)が5月15日、自身の公式ブログで「下流老人の解決方法」と題した記事を公開した。
    同記事のなかで安楽死の規制緩和について「若者の迷惑にしかならない老人は安楽死するのが一番いい」などと主張しており、読者を中心に物議をかもしている。

    ■真っ先に規制緩和すべきは安楽死?

    高齢者の4人に一人、900万人が貧困に落ちている日本社会で、生活保護並みの収入で生活する"下流老人"。
    そんな下流老人について、小林氏が"安楽死のススメ"とも読み取れそうな持論を展開した。

    小林氏はまず「高齢者だけ生活保護の受給者が伸びている現状は異常」
    「国民の1900万世帯が貯蓄0になっていて、自分で中流と思っている人も、実はすでに下流に落ちている」と述べて、年金制度も医療制度も破綻しかけて
    「自分で稼がねば生きる資格がないという実態のようだ」と分析。日本の経済社会の低迷ぶりに警鐘を鳴らした。

    その上で今後、貧困にあえぐ下流老人、孤独死が待つ老人が増えると予想して、「真っ先に規制緩和すべきは安楽死」
    「国民としての役割を果たし終えて、若者の迷惑にしかならない老人は安楽死するのが一番いい」
    と主張している。

    そんな小林氏の過激にすら思える主張に対し、巷では反対意見が目立つ。一部では「本当に酷すぎて言葉がない」
    「固有の生を生きる個人というものにいささかも意識が向かわず、老人をただ老いた人と見る。
    かつ自分以外の基本的人権は簡単に打ち捨てても構わないと考えているようだ」「安楽死は病気の苦痛から自らや家族が望む死だ。
    社会や他人が『迷惑』と執行するのは殺処分と言う方が相応しい
    と強く非難する声も少なくない。

    日本には現在、苦痛を伴う末期患者の延命治療などをやめる安楽死、人間の尊厳をもったまま命を絶つ尊厳死の二つに関する法律が存在しない。
    とくに他人が積極的に関与して行なわれる安楽死は法的に認められておらず、
    1991年に東海大学で末期がんの患者を安楽死させた担当内科医が殺人罪で起訴されたケースもある。

    一方、海外では2014年11月に末期の脳腫瘍を患ったアメリカ人女性のブリタニー・メイナードさん(29)が、医師の薬で尊厳死を遂げた。
    ブリタニーさんは亡くなる前に、安楽死・尊厳死を合法とする「死ぬ権利」法が定められている
    オレゴン州に移り住み、安楽死を選択することをインターネット動画で発表。日本国内でも賛否を巻き起こした。

    「小林氏が今回強い反発を受けている要因の一つは、高齢者の見方。"労働力"の視点から見れば小林氏の理屈は合っているかもしれませんが、
    人間性から見れば倫理感に欠けると読者に判断されたのではないでしょうか。いわば『血も涙もないアイデアだ』と思われたのでしょう」(報道関係者)

    近年は漫画「ゴーマニズム宣言」シリーズなどで数々の社会問題に切り込んできた小林氏。今回の安楽死問題では、世間を納得させる回答を示すことができるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1130420/
    2016.05.18 17:06 デイリーニュースオンライン

    no title

    【【生命倫理】"下流老人は安楽死すべき?" 小林よしのりの過激主張に賛否渦巻く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    unicef


    1: 寄付症候群 2015/09/22(火) 06:23:00.07 ID:6i9P0yf6
    日本ユニセフのCMは、如何わしいと思いませんか。
    宗教のマインドコントロールと同じでしょうか。
    寄付する人の、人格、知能、良心さえも疑われます。

    おかしな婆さんも、一緒ですし、困ったもんです。

    【【日本ユニセフ】今時、日本ユニセフに寄付する人っている?www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    building_fukushima_daiichi_genpatsu_after


    1: Ψ 2016/05/11(水) 15:22:30.16 ID:JQ7pl/EG
    旧維新議員、民進で「我慢」…亀裂避け持論封印  5月8日

    江田氏はそれまで、川内原発の稼働停止を主張していたが、持論を封印した格好だ。
    民進党執行部が「野党第1党として責任ある判断が必要だ」(山尾政調会長)と、停止要求に慎重なためとみられる。

    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160508-OYT1T50057.html

    民進会派11人も欠席 原発関連の参院採決 5月11日

    このうち旧維新の党出身者は5人。民進党の賛成方針に反発したとみられる。

    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0511/san_160511_3238794198.html

    古賀茂明「民進党『脱原発宣言』の茶番劇に騙されるな!民進党は安倍政権より原発推進派である」
    ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/48289

    民主党議員の大半は、日本労働組合総連合会(連合)の支援がなければ選挙を戦えない。
    だから、連合の有力メンバーである電力総連や機械・電機産業などの原発関連労組に気兼ねして、「脱原発」を声高に叫ぶことができない。

    実は、維新との統一会派作りの前提となった基本政策合意では、当初の「2030年代原発ゼロ」という文言に原発推進派が抵抗し、最終的に「2030年代原発稼働ゼロ」と「稼働」の二文字を追加していた。
    その意味は、'39年12月31日に原発の稼働をゼロにする、つまり、'39年12月30日までは原発を動かし、決して「廃炉」まではしない。

    従って、'40年以降の再稼働を否定していないと読む事もできる。これで、電力総連などに恩を売るわけだ。
    これ自体大きな後退だが、民進党の綱領では、「原発に依存しない社会を目指す」という文言にさらに変えられてしまうようだ。
    この話を聞いて、私は驚愕した。

    「ゼロ」という言葉を消したのは、原発は永久に残すということだ。
    「原発に依存しない」という文言にすれば、1割なら問題ないだろう、2割でも大したことはない、3割だと微妙だな……という具合に、どんどん拡大できる。
    安倍政権でさえ、'30年に原発比率を20~22%に抑えると言っているのに、民進党綱領は、上限も時期も示さない。

    しかも、単に「目指す」というだけ。高い原発比率のままでも、原発に依存しない社会を「目指して」いれば公約違反にはならない。
    安倍政権よりも露骨な、原発推進政策への転換とも取れる。

    【【原発】民進党、原発再稼動容認、関連法案にも賛成/古賀茂明「民進党は安倍政権より原発推進派」 ジミンガーサヨク憤死状態www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    otaruu

    1: ゆず ★ 2016/05/03(火) 14:35:46.25 9
    【小樽】大勢の観光客でにぎわう小樽市中心部の堺町通りに面した、市指定歴史的建造物の名物喫茶店「さかい家(や)」が、経営者の高齢化のため10月に閉店する。
    さかい家は、同通りが観光地化する前から店舗を構えてきた人気店。
    経営者は「今の店の雰囲気を残してくれる人に店を継いでほしい」と話す。

    堺町通りは倉庫や町工場が立ち並ぶエリアだったが、1976年に北一硝子がギャラリーを開設し、85年10月にさかい家が開店してから、一気に観光スポットへと変わっていった。

    経営者の赤沢広子さん(68)、妙子さん(65)姉妹は「当時は倉庫ばかりで堺町通りに店を出すことに周囲は反対したけど、運河論争で運河エリアに注目が集まっていたので、商機はあると感じた」と振り返る。

    店は、1907年(明治40年)建造の古い木造建築を利用しているため、レトロな雰囲気を求める観光客ですぐに繁盛した。
    近年は、外国人観光客も多い。

    しかし、2人は「体力的にしんどくなった」と、店を他者に譲ることを決断。
    2人は「店名からメニューから、何でも、今のものを使ってもいいので、いい後継者がほしい」と話す。

    建物オーナーで堺町の奥野淑枝さん(80)は
    「前オーナーと親友だった私の母が、気に入って買い取った建物。2人が頑張っていい店にしてくれたので、同じ形で店が続いてくれたら、うれしい」と願っている。(志村直)

    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0266106.html
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/images/2016/05/03/M16050329662/d37caf2bc5d0a6bb5dc2914f30ebdba3.jpg

    【オーナー二人「体力的にしんどくなった・・・後継者欲しい」】の続きを読む

    このページのトップヘ