【2chまとめ】ワロスコレクター

(´・ω・`)「#なんJ #おんJ #VIP のスレが中心です。」

    比べた人から選んでる!すごいぞNURO光!


    芸能・マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


    1: 三毛猫 φ 
    2016/06/22(水) 19:40:09.42 ID:CAP_USER9
    NEWS ポストセブン 6月22日 18時0分配信

    不倫報道によって、参院選不出馬となった乙武洋匡さん(40才)が、
    離婚に向けた話し合いを始めているとの情報が入った──。

    世間を大きく騒がせ、夫婦が揃って謝罪した不倫騒動から3か月。
    再出発したはずの夫婦の絆が、切れた。

    「6月上旬のことです。乙武さんの妻の仁美さんがこう切り出したそうです。
    “疲れました。もう今の状況は耐えられません。別々に暮らしましょう”──
    乙武さんはショックを受けて、別居はしたくないと伝えましたが、
    彼女の意志は固かった。
    “彼女のためにも、もうそれしかないのか…”と、家を出たんです」(乙武夫妻の知人)

     以来、夫は自宅マンションに帰っていない。
    トイレや寝室を備えた事務所に寝泊まりしている。

    妻は3人の子供とともに、
    夫のいない部屋で静かな暮らしをスタートさせていた──。

     結婚15年目を迎えた乙武洋匡・仁美(37才)夫妻が危機を迎えている。
    早稲田大学政治経済学部に在学中の1998年に出版した『五体不満足』(講談社)が
    累計500万部を超す大ベストセラーになった乙武さんは、
    大学の1年後輩だった仁美さんと4年間の交際を経て、
    2001年3月25日、仁美さんの早大卒業の日に結婚。
    8才の長男、5才の次男、1才の長女と3人の子宝に恵まれた。

     そんな乙武夫婦に大きな転機が訪れたのは、15回目となる結婚記念日の前日だった。
    今年3月24日、『週刊新潮』が乙武さんと20代後半女性との不倫海外旅行を報じた。
    乙武さんと女性は昨年のクリスマスから今年の正月にかけて、
    8日間にわたってチュニジアやパリなどを旅行。乙武さんは不倫の事実を認めた。

     重度の障害を抱えながら、明るく爽やかなキャラクターで人気を博した
    乙武さんの不倫スキャンダルが大々的に報じられると、
    世間は蜂の巣をつついたような騒ぎになった。

    「先天性四肢切断」という重度の障害を抱えている乙武さんの
    私生活が苦労の連続であることは説明するまでもない。
    そして、乙武さんの生活全般の介助を担ってきたのが仁美さんだ。
    しかも、そこに子供たちの世話も加わることになる。

    夫婦を知る関係者が言う。

    「乙武さんは夜10時を過ぎたら家に帰らず、
    住み込みのボランティアスタッフが世話をする事務所などに
    泊まるようになりました。
    忙しい子育てを終え、3人の子供を寝かせつけた仁美さんがゆっくりと時間を
    過ごせるための配慮でした」

     週末に自宅に帰るが、平日は事務所に寝泊まりすることが増えていった。前出の関係者が語る。

    「仁美さんは乙武さんに見え隠れする女性の存在に、
    気づかないふりを続けていたはずです。乙武さんが
    家に帰らず、外にいる誰かに世話をされていることで、
    むしろ夫婦関係のバランスが保たれていたことは否定できません」

     3月末に不倫が報じられて以降、仕事を抑えてきた乙武さんは外出を極力控え、
    一日中自宅で過ごすようになった。

    「それまでは週の半分以上、家を空けていた乙武さんが24時間自宅に“謹慎”するようになり、仁美さんにかかる負担が
    目に見えて重くなったんです。3人の子供の世話と家事に加えて、夫の風呂、トイレ、着替えなどで気の休まる時間が
    まったくない状況でした。彼女は最初のほうこそ気丈に頑張っていましたが、みるみるうちに疲労がたまり、
    表情が暗くなって塞ぎがちになりました。夫婦間もギスギスし始めて、会話が少なくなりました」(前出・知人)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160622-00000024-pseven-soci&p=1

    続く

    【【芸能】乙武洋匡氏が家族と別居、離婚を視野に入れた話し合い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    芸能


    1: ひろし 
    2016/06/21(火) 21:57:15.61 ID:CAP_USER9
     お笑いタレントの明石家さんま(60)が20日深夜に放送されたMBS「痛快!明石家電視台」(月曜後11・58)に出演し、
    「おれはまだ子供がほしい」と独身ながら子作り宣言した。同時に「子供と旅行に行きたい」「小さいままでいてほしい」と子供が巣立ってしまった寂しさを訴えた。

     番組では結婚と子供の話題になり、さんまは「(自分は)若くして結婚して離婚して。これから子供を育てて共に成長していくっていうのがもうないやんか」と述べた。

     ゲスト出演した島崎和歌子が「年上の女性もいいじゃないですか」とすすめると、さんまは「おれ60で年上?」と頭をかきむしり、
    「おれ、まだ子供がほしいから。最後の望みとして。もう1人子供ほしい」と告白し、共演者やスタジオ観覧者の驚きを誘った。さんまは「男の子、産んどきたいねん」とも。

     島崎が「産んどきたいって。産めないじゃないですか!」とツッコむと、さんまは苦笑い。続けて、「また、もっかい運動会とか行きたいねん。旅行とか。
    子供たちと」と1人暮らしの寂しさがこたえているかのようにポツリ。「浮輪にいれて『大丈夫か』って見てたい。分かるか。ちっちゃいままでいてくれへんかな」と子供が独り立ちした寂しさを繰り返し語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000080-dal-ent

    【【芸能】さんま 「まだ子供ほしい」と子作り宣言 子供が巣立った寂しさ告白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん
    2016/06/20(月)23:54:06 ID:6zZ

    生きる希望がひとつ

    うしなわれたな
    horikita

    【堀北真希妊娠したってマジかよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん
    2016/06/19(日)11:15:24 ID:OPW

    にてる

    【上坂すみれとかいう中川礼二wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 野良ハムスター ★
    2016/06/13(月) 20:21:58.33 ID:CAP_USER9
    話題は収束したかと思いきや、またまた「STAP細胞」の小保方晴子さん(32)が登場だ。5月24日発売の『婦人公論』で瀬戸内寂聴氏と対談。2年ぶりに公の場に姿を現した。

    「多くの研究者の検証のもと、最終的に『STAP細胞は存在しない』という結論に達している。彼女も'14年12月に理化学研究所を退職し、この騒動はいったんは終わったのです。にも関わらず、今年になってから彼女は話を蒸し返す行動をしている。1月28日には手記『あの日』を出版。さらに3月には、STAP細胞作製に関するホームページを開設。これらに対し、ネット上では意見が分かれており、物議をかもしていたんです」(夕刊紙記者)

    そんな騒動覚めやらぬ中での今回の対談出演。実は、寂聴氏からの要望があって実現したのだという。

    「対談現場に白を基調としたワンピースと白のハイヒール姿で登場した小保方さんは、'14年の会見時よりスリムな印象だったといいます。内容は、寂聴氏が自分の過去の話をしながら彼女を励ますというもの。確かに、STAP細胞を認定した理研の責任追及もしかり、さかのぼれば、そもそも彼女に博士号を授与した早稲田大学は何を評価したのか疑問が残る。彼女1人だけ悪者にして、うやむやになってしまいましたからね」(医学ライター)

    対談の中で寂聴氏は、彼女の出版した手記『あの日』を高く評価。その言葉に対して小保方さんは作家に興味を抱き、寂聴氏に「小説の書き方を教えてください」とおねだりする一幕もあったという。研究者を辞めて本当に小説家になろうとでもいうのか。

    「彼女の文章がうまいかどうかは別として、あれは話題を狙った手記という名の企画本ですからね。本人は小説家など真剣に狙ってはいませんよ」(書籍関係者)

    となると気になるのが、今後の活動。小保方さんといえば、本誌2月18日号で、たけし軍団入りするのではないかと報じたが…。

    「可能性は大いにあるんです。一度、研究者としてまばゆい光を浴びただけに、芸能界で再び這い上がるきっかけを掴みたいはずです。今回の本やHP、さらに対談出演を見れば明白。あれは芸能オファーを待ちわびる気持ちの表れと言っても過言ではない。『ヌードもやります!』くらいの覚悟なのは間違いないですよ」(前出・夕刊紙記者)

    あとは、たけし次第!

    http://wjn.jp/article/detail/6002191/

    【【STAP】小保方晴子「ヌードもやります!」 待ちわびる芸能オファー】の続きを読む

    このページのトップヘ